Rhinocerosでモデリングして3Dプリンタで出力してみた2020年11月14日 12時53分28秒

Rhinocerosでモデリングして3Dプリンタで出力してみた

MOI3Dの評価版を使ってみて、すごく使いやすかったんで、じゃあRhinocerosってどうなんだろう?って思って、Rhinocerosの評価版も使ってみた。
最初、コマンドがたくさんあって戸惑ったけど、コマンドが多い分いろいろできるし、痒い所に手が届くって感じ。
サーフェース上にある曲線のオフセットを、サーフェースに沿わせてできるのって超便利だわ。

スコープドックの肩アーマーみたいなものをモデリングして、3Dプリンタで出力してみた。
使った3Dプリンタは、ANYCUBIC Photon Zero。
レジンの臭いには、慣れないな。
硬化しても完全に乾燥しきるまでは、匂いが出続けるから臭くてしょうがない。
Rhinocerosでモデリングして3Dプリンタで出力してみた
Rhinocerosでモデリングして3Dプリンタで出力してみた
Rhinocerosでモデリングして3Dプリンタで出力してみた

ペーパーをかけて、サーフェーサーを塗った。
ペーパーをかけることを考えると、リベット部分は出力しないで、後からリベット部のパーツを貼りつけたほうが楽だね。
積層の段差って、もうちょっとなくせないかな?
Photon Zeroだと解像度が粗いんだろうか?
照射時間とかの設定の問題?
Rhinocerosでモデリングして3Dプリンタで出力してみた
Rhinocerosでモデリングして3Dプリンタで出力してみた

塗装してみた。
ついでに汚しの練習もしてみた。
Rhinocerosでモデリングして3Dプリンタで出力してみた
Rhinocerosでモデリングして3Dプリンタで出力してみた

失敗例:厚みが薄すぎてふにゃふにゃでだめ。
厚みは、最低2mmくらいはあったほうがいいかんじかな。
Rhinocerosでモデリングして3Dプリンタで出力してみた

失敗例:二つに分割してみたら、歪みがあって、合わせ目が一致しなかった。
Rhinocerosでモデリングして3Dプリンタで出力してみた

―― 関連リンク ――
» Light Breeze Home Page (記事別ページ) » MOI3Dを使ってみた » いまさらテライユキ » CG ヘッドライト » GoZが動かない

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為、お手数ですが↓に「@1234」の5文字を半角で入力してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://lightbreeze.asablo.jp/blog/2020/11/14/9316397/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。